マネジメント

【マネジメントの初歩!理想像を明確に】どんなマネージャーになりたいか?が最重要

こんにちは。めがねマネージャー(@megane_mgr)です。

マネージャー(管理職)への昇進が決まって嬉しい反面、うまくマネジメントできるか心配な人も多いでしょう。

言うまでもないですが、強い組織・チームを作るためにはマネージャーの存在は非常に重要です。

今回は目標となる【理想像】を設定することの重要性についてのお話です。

東証一部上場企業で管理職をしている筆者の経験談を踏まえて、物語形式でわかりやすく説明していきます。

めがねMGR

ぜひ最後まで読んでいただいて、順風満帆なマネージャー人生を歩み出してください♪

≪さっそく目標設定の方法が知りたい方はこちら≫
【部下から尊敬されたいビジネスマン必見】理想の上司になるための3ステップ

悩んだときは尊敬する上司からアドバイスを

営業の部署で5人の部下を持つマネージャーになり、3か月が経過した頃。

自分自身の成果も、チームの業績も伸び悩んでいました。

「現状を打破するために誰かからアドバイスをもらおう」そう考えた私は、尊敬するイケメン上司のT課長に相談してみました。

めがねMGR

Tさん、仕事のことで困っているのでお時間をいただけないでしょうか。

T課長

もちろんOKだよ。
そういえば昇進祝いできてないから飲みにでも行こうか。
今日は奢るよ!

快くOKしてくれた上に、奢ってくれるなんて感謝しかない、、、。

さすが、できる男は違います。

T課長が選んだお店は”ゆっくり飲みたいときに利用するおススメのお店”とのことでした。

そんなお店の選び方ができるカッコいい大人になりたい…。

お店に到着すると20席ほどのこじんまりしたイタリアンのお店でした。

少し暗めの落ち着いた雰囲気で、他の客もカップル3組と合コン?Wデート?1組ほどで周辺のお店に比べると静かな空間でした。

私たち30代の男2人は場違いにも「今期アニメのこれがアツい!」など、たわいもない話で1時間ほど盛り上がり、ようやく本題の仕事の話に。

自分に何が足りないかを相談してみたのでした。

「どんなマネージャーになりたいのか?」

シンプルながらも深みのある質問に、私とT課長の間には無言の時間が流れ始めました。

答えを用意しようと黙る私に対して

T課長

これからもずっと考えて欲しいテーマだから、じっくり考えてごらん。

この日、このイケてるイタリアンでの「どんなマネージャーになりたいか」という質問が、間違いなく私の仕事に対しての考え方を変える転機になりました。

3か月目にして最初の一歩

T課長曰く、この理想像を思い描くことが優秀なマネージャーとしての第一歩だそうです。

なぜなら、自分自身で理想像が明確になっていないと、部下やチームに対しての一貫性がなくなってしまうからです。

考えてみてください。

「お客様が最優先!」って言ってたかと思ったら「とにかく利益だ!」とか「ライフワークバランスや!」とかコロコロ言うことが変わる上司。

誰もついていきたいと思いませんよね。

日によって言ってることや態度が変わる上司は信頼されることはありません。

ブレない軸を持つことが大切なのです。

「いや、もっと早く教えてよ…。」とも思いましたが、私の意識が上司の予想よりはるかに低かったということでしょう。

意識低い系男子。

期待してもらっていたのに不甲斐ない!

この日は夜も遅くなってしまったため、いざこれからというところで解散することに。

終電が間近に迫り人通りも少なくなった駅への帰り道。

T課長から理想のマネージャー像を考えるための3つの指針をもらいました。

理想像を思い描くための3つの指針

  1. 「この人と一緒に働きたい」と思った人はどんな人か考えよう
  2. 仕事に関して自分らしさや自分にしかない強みを自覚しよう
  3. 周りからどんな上司と評価されたいか具体的な言葉でイメージしよう

この指針をもとに、自分にとっての「理想像」を具体的にイメージしていくことに。

これがなかなか奥が深い。

ブレない軸を持つためには自問自答しながら、自分の価値観を反映した理想像を思い描くことが大切です。

あなたはどんなマネージャーになりたいですか?

その答えに口を閉ざしてしまう人は、「どんなマネージャーになりたいか」をまずは考えましょう。

めがねMGR

この記事はココまで!
以下の記事からめがねMGR流の理想像の設定方法を実践していきましょう♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ