生活を豊かに

【単身赴任を始めるあなたへ】単身赴任って楽しそうだけど実際のところどうなの?

こんにちは。めがねマネージャー(@megane_mgr)です。

仕事の都合で単身赴任が始まり自由な時間が増えました。時間の使い方を考えるゆとりある生活が始まりました。

単身赴任って絶対楽しいじゃん!

と思えていたのは単身赴任が始まる前まででした。

この10月から子供二人と奥さんを愛知に残して関西の支店での勤務が始まりました。

家族帯同での転勤も可能だったのですが、私の要望で単身赴任を選びました。

理由は奥さんと子供たちは愛知の実家の近くで生活をした方がサポートを受けられるし、奥さんも寂しくないんじゃないかと思ったからです。

また、冒頭にもあるように「単身赴任=自由で楽しい」というよこしまな想いももちろんありました(笑)

しかし、当たり前なのですが始まってみれば楽しいことばかりじゃないんですね。

家庭生活を営むためのいろいろな仕事

そう!それはつまり、家事をしなければならないのです!!

しなければならないと言うと普段から家事をしている方に大変失礼ですね。
お詫び申し上げます。

が、やはり慣れていないと苦労をともなう大変な仕事だと改めて感じますね。

私は一人暮らしは初めてではないのですが、結婚してからの4年はほとんどすべての家事を奥さんに任せていました。

たまにやることと言っても『出勤ついでにごみ捨てをする』『お風呂掃除をする』くらいのものでした。

改めて子育てしながら家事をこなす奥さんへの尊敬と感謝の想いがこみ上げてきます。

家事以外にもこんな苦労が・・・

赴任先の社宅は寝泊まりには困らないのですが、十分な家具や家電がそろっているわけではありません。

生活をする中でいろいろと不足しているものが大変多いのです。

例えば、

  • 洗濯機はあるけどハンガーがない!!
  • 電子レンジはあるけど食器がない!!
  • デスクはあるけど椅子がない!!(←これ絶対おかしい)

とか細かいものも含めるともっともっとたくさんあるのですが、毎日何かしら不便さを感じながら生活しています。

休みの日には買い物に行けるので不足しているものを買い足すのですが、車は持ってきていないので行動範囲と購入可能なものに限りがあるのです。

楽天市場とAmazonには大変お世話になっております。
もはや必需品です。

これまでどれだけ恵まれた環境にあったかをしみじみと感じる次第です。

本当に奥さんには感謝してもしきれないということを今頃になって思うのです。

家事よりも何よりもこれがつらい・・・

圧倒的な子供ロスです。

子供に会えないのがつらい!今すぐに抱きしめたい!!

まだ単身赴任が始まって数日ですが、すでにホームシックです。

単身赴任をするか悩んでいる2か月前の自分にこう言ってやりたい。

「マジで!思ってるより100倍以上の苦しみが待ってるから覚悟して行けよ!」と。

ZOOMとかで顔見れるしいいかな、なんて軽く考えていた自分の浅はかさを反省しています。

コロナの期間に人と会えないことに慣れているつもりだったのですが、愛する子供に会えないつらさはそれとは比べ物になりません。

やはり触れることができないということは悲しいものですね。

このつらさ、寂しさを忘れないためにもこの記事にしっかりと書き留めておきたいと思います。

でも、こんな魅力も感じる

単身赴任の生活の中でも魅力を感じることもあります。

それはやはり時間の使い方が自由であることですね。
このブログも単身赴任がきっかけで始められました。

このブログは自分にとっての備忘録であり、ライティングスキルを磨くという目的があります。

何でもできる自由な時間を自己啓発のために使えるというのは、10年前の自分からすると非常に贅沢な大人の時間の使い方だと思います。

この大人の贅沢を思う存分享受していきたいと思います。

そして、このブログを奥さんにも見てもらうことで、真面目に生きていることを感じてもらい安心してもらえたらと思います。

改めて、いつも私を理解して支えてくれている奥さんに感謝の意を表して本日の記事を結びとさせていただきます。
いつもほんとうにありがとうございます。

今後の記事では大人の時間の使い方もご紹介して行ければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 経営ブログ マネジメントへ