生活を豊かに

映画『アバウトタイム~愛おしい時間について~』から学んだ幸せな人生の送り方

こんにちは。めがねマネージャー(@megane_mgr)です。

近頃は暗いニュースが多い毎日に嫌気がさしますよね…。

前向きな気持ちになれるように、心が豊かになるおススメの映画を同僚と紹介しあっていました。

その中から映画『アバウトタイム~愛おしい時間について~』を観ました。

家族や友人への愛情の大切さを思い出させてくれるとともに、タイトルの通り”時間について”考えさせられる心が豊かになる感動的な作品でした

この映画で気づかされた誰でもできる幸せな人生を送る方法を記事にしました。

メガネマネージャー

公表されている設定以外は書いてないのでネタバレはありませんよ!

簡単なあらすじ

この作品はドーナル・グリーソン演じる平凡な生活を送る主人公のティムが、21歳の誕生日に父親から知らされた”過去に戻る能力”を駆使して自分の望む人生を送るという物語です。

そのタイムトラベルの力で友人や家族をトラブルから守るのですが、主人公ティムの家族や友人への深い愛情を感じるエピソードが胸を打ちました。

ティムに感情移入してしまい、自分にとっての大切な家族や友人との日々を思い出させ、時間の過ごし方について考えさせられました。

今ならAmazonプライムビデオで観れるので是非観てほしい!

いつ終わるのかわからないけど【まもなく終了作品】として表示されてるので、もうすぐ終わっちゃうのかも?

めがねマネージャー

プライム会員じゃない人は無料トライアルをどうぞ。
ビデオ以外にもお得なサービスが無料で受けられるので超おススメ。

幸せになるには優れた能力が必要か

この作品の設定はかなり現実離れしています。

ですが、主人公ティムに感情移入ができてしまうのは必ずしも自分に都合のいい人生を選ぶことはできないからです。

時には望まない未来を受け入れることが必要な場面にも直面します。
苦悩するティムの姿は現実世界の自分にも重なる身近な存在に感じます。

だからこそ、非現実的な設定でありながら、別の世界の物語ではなく自分が生きるこの世界のことのように感じさせられるのです。

そして、タイムトラベルというとんでもない特殊能力を持つティムから、私たちは誰でも幸せな人生を送ることができるということに気づかされました

幸せな人生を送る方法

主人公のティムは最終的にはタイムトラベルを使わずに幸せな人生を送る方法を見つけます。

それは

自分はこの日を楽しむために未来から来ていて、
これが最後のタイムトラベルだと思って今日を生きる

という方法です。

なんだかスピリチュアルな話ですが、映画を観てもらえれば理解していただけるはずなので変な奴だと思わないでください(笑)

ネタバレしないようにお伝えするのは難しいのですが、目線を変えることでささやかな喜びをかみしめることができるシーンがあります。

そこの描写が心に沁みるんですよ。
心がポカポカして、平凡な自分でも幸せになれるんだって感じさせてくれるんです。

同じような毎日を過ごすあなたも”何に目を向けて、どう受け取るか”によって人生は全く違うものにできます。

つらいことや悲しいことがたくさんあるかもしれませんが、それに目を向けるばかりでは幸せにはなれません。

幸せな人生を送るためには、今日をどう生きるかをあなた自身が選択することが大切です。

この世界は変えられません。そして、過去も変えることはできません。

変えることができるのは自分自身と、これからの未来です。

ぜひこの映画をあなた自身で観て、幸せな人生を送る方法を心で感じてほしいです^^

最後までお読みいただきありがとうございました。